(出典 gori.me)

マサイ族の戦士は牛をシメたらダイレクトに生き血を飲む。おいしいぞ!


スパ! みんなは牛を食べているかな? ステーキとか、ハンバーグとか、あるいは「すき焼き」なんてのもあるんだろ? どれも、牛を、食べている。オレたちマサイ族も、ウシさんを食べる! でも、みんなとはちょっと違うかもしれない。

つい先日、マサイの戦士仲間とかで、ウシパーティーをやったんだ。わかりやすく言うなら「ウシさんを食べる会(牛会)」だな。つまるところ、みんながやってる「焼き肉の会」とかと同じ感覚なんだけど、圧倒的に違うのは「鮮度」かも!?


オレたちの牛会は、生きたウシさんをその場でシメて、命に感謝しながら、余すところなく美味しくいただく……というのが方針っていうか文化だな。なお、画像は少しエグいかもしれないけれど、みんなが食べているウシさんも、やってることは同じだから。魚をさばくのも同じだし、これを「残酷」って言うのはおかしいぞ。

で、いろいろ写真を送ったんだけど、ゴー(羽鳥)的に一番ビックリしたのが、「生き血を飲む」ということらしい。生き血っつーか、シメてるから死んでるわけだけど、まだ「ほぼ生きているウシさん」の血を飲むわけだ。ゴクゴクとな。

これ、別に「チャレンジ」とか「根性だめし」とか「ギャグ」とか「ネタ」とか、そんなのじゃないから。なぜ飲むのかっつーと、ずばり「美味しいから」にほかならない。マジでウマい。だから、飲む。で、飲み方なんだけど……

手ですくって飲む人もいれば……


ダイレクトに飲む人もいる。

これが一番鮮度の高い(=美味しくいただける)飲み方だな。海原雄山ばりの最強グルメ人はダイレクトよ。みんなもマサイ族の「牛会」にアンボセリで出くわしたら、「ちょっと1杯いいっすか?」と飛び入り参加してみるのもアリかもな。もしもダイレクトがキツかったら、コップ持参でも良いかもね。ではオレセリ!


▼ちなみにこのトップ写真は生き血じゃなくて、牛スープを作ってるところだ。

https://rocketnews24.com/2018/08/25/1106539/