(出典 biz-journal.jp)

「俺の金だから」と夫は給与明細や預金通帳をまったく見せてくれないーー。こんな専業主婦からの悩みが、弁護士ドットコムの法律相談コーナーに寄せられています。

相談者の家庭では、夫がすべての金の管理をしています。ただ、夫は必要最低限の生活費は渡すものの、給与明細や預金通帳を絶対に見せないそうです。そのため、相談者は夫の収入や貯蓄を知ることができません。

夫の給与明細や貯蓄を知る権利は妻にもあるのでしょうか。法的な解決方法はあるのでしょうか。近藤美香弁護士に聞きました。

●妻に夫の給与明細や貯蓄を知る権利はない

そもそも、夫の給与明細や貯蓄を知る権利は妻にあるのでしょうか。

「その『夫の給与明細や貯蓄を知る権利』の中身にもよりますが、『拒否する夫に裁判所の力を借りて強制的に見せてもらう権利』というものはありません」

とすると、法的に、夫に給与明細や預金通帳を開示させることは難しいのですね。

「そうです。『夫婦だから給与明細や預金通帳を見せなければいけない』という理由はないのです(見せないことが原因で離婚問題になることもあるでしょうが、それは別問題です)。

ただ、夫の収入をどうしても知りたければ、妻が夫と同居しているのであれば、役所に行って課税証明書を取得する方法があります(ただし、委任状が必要な自治体もあります)。給与明細を見せてくれなくても、夫の収入額を知ることはできるわけです」

●妻が離婚を考えている場合、知ることができる場合も

相談者は、この件を理由に離婚することも考えているようです。もし、離婚を検討している場合、夫の収入や貯蓄を知ることはできるのでしょうか。

「離婚を前提とする場合は事情が変わります。例えば、離婚調停や離婚訴訟では、裁判所の調査嘱託という手続きを利用して、裁判所から預金残高などを照会してもらうことが可能な場合があります。

もっとも、調査嘱託をしてほしいと申し出ても、実際に行うかどうかは裁判所の判断次第ですし、照会先がそれに応じる保証まではありません。ただし、調査嘱託を申し出た時点で、調停委員が相手を強く説得して開示させてくれることもあります。

また、養育費や婚姻費用を決める際には、夫に対して源泉徴収票や給与明細の開示を求めるのが一般的です。夫も、調査嘱託で裁判所から勤務先に照会されるよりは・・・と自ら開示するのが一般的です」

預金残高の開示を求めるにあたり、必要なことや注意すべきことはあるのでしょうか。

「特に給与振込口座以外の貯金残高の開示を求める場合は、どこの銀行の何支店の口座に預金があるかについてはきちんと把握しておく必要があります。もし、夫との離婚を検討しているような場合は、夫あての銀行・証券会社・保険会社からの通知などをチェックするなどして調査嘱託に備えておくことをお勧めします」

(弁護士ドットコムニュース)

【取材協力弁護士】
近藤 美香(こんどう・みか)弁護士
弁護士登録直後から大手弁護士法人にて500件以上の離婚・不倫慰謝料問題の解決に関与。夫婦カウンセラー資格保有。これまでキャリアを生かし、独立後も引き続きこれらの問題に注力しています。
事務所名:秋葉原よすが法律事務所
事務所URL:http://akihabara-yosuga.jp/

「俺の金」「専業主婦に小遣いはいらない」妻を金の亡者と決めつける夫
(出典 news.nicovideo.jp)

   


<このニュースへのネットの反応>

通帳の残高を知らせてくれないならパートに出ればいい。それを反対するなら離婚も考慮の互いの両親の老後関係を交えた話し合いをすればいい。パートに出るのを認めるか定期の通帳を見せるがくらいはするでしょ。


それってようするに、相手を信用していないって事だよな。なんで結婚した?


まぁ必要な生活費は入れてるんだから最低限の責任は果たしてるでしょ、あくまで最低限だが。でも妻の気持ちも判る。我が家の収入や貯蓄がどれくらいあるのか解らないってかなり不安だと思うし、夫なら妻を安心させてやるべきだろう


旦那の稼ぎは共有財産なのに妻がそれを知る権利が無いってマジなの?


話し合いで決着つかないなら今後どんどんストレスたまる一方だし離婚するしかないんじゃない?取りあえずパート位はやりなされ、自分のためにも


ただのジャイアンじゃんこれ。大人になってもガキ大将気分とかバカ丸出しだね。さっさと大人に成長してほしいもんだ


生活費に少しでも貯金する余裕があって、夫に何々買ってって、妻がねだって買ってくれる夫だったら、まだ良いんだけど。そういう余裕もコミュニケーションも一切なく、家事をしてくれるだけのロボット扱いだと、先を考え直した方がいいよね。


家事を、機械化しない配偶者とは、離婚しなよ、人生、大切に


共有財産を都合よく考えてはいけないよ。共有財産は財産分与(離婚とかもコレ)の時にしか使われない。婚姻中だろうが稼いだ金は全て稼いだ人つまり夫の財産。民法で決まってる


そもそも「二人でどういう家庭を築いていくか」という議論がされてなさそうなんだが、なぜ結婚したw?


夫の財産ではなく共有財産だろ?だから離婚の時に分与されるわけで。共同で生活して共同で稼ぎ、共同で子育てをする。その枠組みが籍でしょ。


前も似た話題で言ったが、今のご時勢に旦那の給料でやりくりが厳しい現状で正直の所パートでも良いから働いて欲しい。その一部を小遣いにしても良いと思う。旦那も家事の協力する事を前提に考えるなら小遣いを貰うのは甘い。


要は夫婦という言い訳で給与明細開示してなんて言っても無理。ただし、養育費や婚姻費用がいるって言うんだったら話は別ね…。問題は給与明細の内容が個人情報なのか否か誰が判断するんだろうか…?


さくっと離婚でいいじゃん。一生金で揉めるのはしんどいよ。


あなた仕事して稼いできてネ、じゃあおまえ家と子供を守ってナと相談した上で夫婦になったのでは・・?家も子供もお金も、家族という1単位の共有財産のはず


結婚というシステムが破たんしている証明。結婚という契約に収入が無条件に共用財産になるという条項があるのだろうか?


世の中には「カネがある」と分かると、途端に浪費しだすのが実際いるからなぁ…(宝くじで大金当てて破産する人とかが典型) この妻が多少そんなケがあって、旦那が敢えて教えてないのかもしれない。でも夫も「公務員と同じくらいは貰ってる」とか、妻を安心させるために(家のフトコロ事情を察することのできる)多少のヒントはあげてほしいとは思う


タイトルは夫が悪いみたいに書かれてるけど、何も買えませんってエピソードがないから浪費ができないだけで普通に物は買えるんじゃないか?夫だけが贅沢してるとかでもなさそうだし、お金を管理しないなら欲が出るから知らないほうがいいと思うけどね。


俺の金だって主張するならそもそも何で取り分巡って争う可能性が出る結婚なんかすんの?意味わかんないw